女の子のココロ | 無料まんがで試し読みできるサイトとネタバレ!

女の子のココロ 無料エンタメ

女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?-」は、
色気はないけど可愛い女の子・杏(あんず)とガサツな兄との
思春期のセックスを描いたオトナ漫画です。

そんな禁断の兄妹が二人だけの秘密をもってしまったときの
揺れ動く心をリアルにそして行為も激しく描かれています。

ここでは、そんな話題の気になる漫画を
無料試し読みできるサイトをご紹介します。

さらにマンガのネタバレ、口コミ、あらすじなども調べてみました。

女の子のココロを無料で試し読みできるサイトとは

女の子のココロ 無料

女の子の杏が、かわいくてエロく描かれてるし、
心理描写もリアルで、きめ細やかに表現されています。

抑えきれないセックスの衝動がエロく描かれているので、
つい、一緒に興奮してしまいます。

そんな漫画をすぐに無料でできるだけたくさん読みたい方に
おすすめのサイトをご紹介します。

それは、数ある電子コミックサイトでも国内最大級の『まんが王国』です。

こちらのサイト、決して怪しいところではありません!

電子コミック専門として13年以上運営されている安全な実績のあるサイトです。

登録会員数も300万人を突破しています。(2019年10月時点)

⇒女の子のココロを無料で試し読みするサイトへ

上記サイトの検索マドで「女の子のココロ」と入力すると出てきます。

ところで、なぜこのサイトをおすすめしたのかその理由を述べます。

ほかのコミックサイトと比較して違うメリットはつぎのようになります。

①無料で読める漫画が3,000作品以上あること
②無料で読めるページ数が多い(数十~数百ページ)
③無料会員登録すると初回半額クーポンがついてくる
④月額購入金額が安い(300円から利用できる)
⑤ポイントバックや割り引きのキャンペーンが多い

以上の5つがメリットになりますが、要約するとまんが王国は、

半額クーポン・ポイントなどをうまく利用すれば非常にお得なサイトになります。

月額コース型のアダルトコミックサイトでは、コストの面で1番おすすめです。

ちなみに、2019年11月からダウンロード保存できるようになりましたので、
スマートフォンならいつでもどこでも読めます。

女の子のココロの評価レビューは

女の子のココロ 無料

ここでは、国内最大級コミックサイト『まんが王国』

の購入者レポ18件を調べてみました。

総合評価は、4.1点(5点満点)と高い評価になっていました。

いずれも、行為の描写がリアルで濃厚、女の子の杏が可愛いとのレポが多かったです。

にゃんこさん
【 岡田コウさんの 】 ★ ★ ★ ★ ☆
描く女の子がとても好きです。 可愛いし柔らかそうだしツンデレっぽい感じがたまりません。 兄妹もの多くてちょっと抵抗ある方いるかもだけど漫画だからそこは目をつむって…作品として楽しんだもの勝ちな気がします。 行為の描写も濃厚で好きだけどじれじれしてる感じとか可愛いし、絵も可愛らしいし、オススメです。

かみるさん
【 絵も可愛い 】 ★ ★ ★ ★ ★
兄のからだつきと妹の華奢さ、可愛いのがすごく良くかけてます!好みです。

きゅうりさん
【 えちえち 】 ★ ★ ★ ★ ☆
みなさん書いてますが値段は高めですが、行為のシーンの密度がかなり高いので個人的には満足です。 ありえないシチュエーションだからこそガツガツしてるの良かったです。

ひょぎさん
【 発情してるけどラブがある 】 ★ ★ ★ ★ ★
ヤるだけマンガじゃなくてお互いに好意を持ってて求めあってるから1分一秒がおしい感じが出ていて良かった。

女の子のココロの作者Twitterは?

女の子のココロ 無料

ここでは、「女の子のココロ」の作者である岡田コウ(おかだこう)さんの

公式Twitterをご紹介します。

ちなみに、岡田コウさんは、北海道出身の女性です。

女の子のココロのあらすじは?ネタバレ?

女の子のココロ 無料

「女の子のココロ」は、華奢でかわいい妹・杏とガサツな兄とのセックスを描いてますが、

その描写がホントにリアルで濃厚なので、結構、刺激されます。

いつもは、ツンデレの女の子が急にHになるシーンは魅力的なところです。

女の子の絵柄も男性の視線を意識するように描かれているので

引き寄せられます。

女の子のココロ 無料

ここでは、簡単ですが、第一話はじめのあらすじをご紹介します。

家の洗面所に兄妹二人が立っているシーンから始まります。

セックスをしてから1週間たっているが、ぎこちない雰囲気で

互いに見つめ合っているのに気づく。

互いに、理想の人は違うのに、胸の鼓動は高鳴っていく。

そして、キスを求めてしまう。

家でなんとか母親の目を遠ざけて二人きりになれないものかと

考える日々を過ごしていた。

そんなある日、母親が、週末の日曜日に、単身赴任中の

お父さんのところに行くことになり、二人きりになるチャンスが、、、。

(続く)